2/8 今日の謎解き

2012年2月8日のお知らせ
2012年2月8日(水)
マン島、白い火山、神殿の意味、膠原病、ミナノモノ=長いもの=腸、モン・ロー、胸像のでき方、

#)マン島のマークはシキリア島と似ていて、足が3本結合した三脚巴ですが、頭がありません。
ここのイシカミはいろいろな仕事をした(足)けど、本当に初期だったので建物を教えるシリウスにまだ知恵がなく、シリウスが仕事をしたことを巨石の四角をあらわすので精一杯だったようです。
【追記】シキリア島のマーク
画像

独特の3本足に真ん中の頭がひとつという意味はなかなかわからなかったのですが、ビジョンで知らされました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Sicilia-Bandiera.png
《ビジョン1》
“シキリア島の遺跡のように大小の長方形の巨石が重なっている、その横にたくさんのいろいろな形の岩は動いて集まったり、散らばったりしている。
最後に中央に皆重なり合って止まる“
シチリア島の遺跡の巨石たちで、シリウスが指導をきちんとしなかったので、柱などの形になったけど、建物になれなかったので、一箇所に集まってテーブルにしたつもり“

すまわち、歩き回るイシカミの分身たち=巨石や石柱などはとても多かったが、建物に鳴るように指導をするシリウス(=頭)が少なく、建物などの形なる仕事ができなかったことを知らせている。

【2012年1月31日追記】
マン島のマークは頭がなく、足だけが結合しています。
マン島の遺跡はたくさんの石の遺跡で、イシカミの作品がたくさんありますが、建物の遺跡がほとんどないのは、初期でシリウスもまだ知らなかったと思われます。
その代わりスタンディングストーンなどは、シリウスをあらわす長方形がたくさん残されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B3%B6
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Isle_of_Man_coat_of_arms.svg


#)タンザニアのオルドイニョ・レンガイは黒い溶岩 を噴出する活火山であり地元の人に“神の山”と呼ばれています。
溶岩は噴出す時は黒いですが、しばらくすると白く変わっていきます。
ソラの情報では黒い溶岩は地下のイシカミの憤怒の色、白くなるのはイシカミが外に出れてイシカミの働き(分身をあらわす塔=ホルニトを形成)をするからと言葉になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4

#)イギリスの巨石遺跡ストーンヘンジの中心で円を描く火山岩「ブルーストーン」の一部が、約260キロ離れたウェールズにある露頭の岩と一致したという。
何度も書いていますが、石器時代にあの何トンもする巨石を切り出して260kmも運べるでしょうか?
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article_enlarge.php?file_id=20111226002

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。


会員ページを見るには===>入会方法