ソラにあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 8/21のソラ

<<   作成日時 : 2006/08/21 17:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


朝、モーツァルトの扮装をした人のポスターを見て、そこからなんとなく言葉の連想でなぜか鑑真が出てきてなんだろう??と思っていました。
Wikiで鑑真を調べると
  ・・・754年(天平勝宝6)1月、鑑真は平城京に到着し、聖武上皇以下の歓待を
  受け、孝謙天皇の勅により戒壇の設立と授戒について全面的に一任され、
  東大寺に住することとなった。4月、鑑真は東大寺大仏殿に戒壇を築き、上皇
  から僧尼まで400名に菩薩戒を授けた。これが日本の登壇授戒の嚆矢であ
  る。併せて、常設の東大寺戒壇院が建立され、その後761年(天平宝字5)に
  は日本の東西で登壇授戒が可能となるよう、大宰府観世音寺および下野国
  薬師寺に戒壇が設置され、戒律制度が急速に整備されていった・・・
とあり、彼が戒律が日本に持ち込んだことによって仏教がますます力を持っていったのだろうとは思いましたが、それよりも気になったのは当時の天皇たちが歓待したというところでした。

そこで歴代天皇一覧を眺めていると、以前お知らせに名前が出ていたような気が・・・と崇神天皇というのがひっかかり(実際には崇神の墓であるキトラ古墳のことは多くのお知らせがあるものの名前は一度だけしか出ていませんでした)、見てみると系図神功皇后の名がありました。

神功皇后については以前から外宇宙の女王と伝えられていますが(2005年1月20日2005年1月26日2006年8月16日のお知らせ)、Wikiの記述の中に
 >また、彼女の代に百済から七支刀が贈られてきたとされる。
とあったのが気になりました。

七支刀についてお知らせの中から調べてみると<2004年5月11日のお知らせ>で知らされていますが、その中に
「シブガキの戦いなのです。
(物部と蘇我の戦いは “渋河の戦い” と言われている)
猿かに合戦で、カニが育てた柿を猿が取り上げて、渋柿だけをカニに投げつけることからきているのです。
(猿 = 蘇我、 カニ = イシカミをあらわしそれを大切にした倭の国のもの)に名前を付これまで大切にしていた物を取っていったことから名づけました」

(山口県に 『渋木』 という地名があり、そこで決戦が行われたようにいわれるのは、道真がこの事を伝えるために名前を付けておいた? 渋カ木)

とあり、先日のお知らせとのつながりを感じました。
#)掲示板より
「岡山のヤマタイコクの子孫が起した渋染一揆
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E6%9F%93%E4%B8%80%E6%8F%86
岡山や四国の学校で人権・同和教育の授業で扱われています」

初めて知りましたが、部落の人たちに柿の渋で染めた着物を強制して着させたということです。
イシジンを渋で固めたということを先日知らされましたが、被差別部落の人はヤマタイコクの子孫でイシカミを大切にしていたので、イシカミ封じをさせたと思われます。
渋で固められたイシジン
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060813090707

1昨夜、夢うつつに岡山の元皇族の池田厚子 (外宇宙のイシキと関係) がなぜ岡山に嫁いだか、岡山の読者がお知らせに対してなぜ苦情を言ってくるのかと関係しているようです。

ちなみに七支刀のお知らせについては別の日のこちらも。
2004年7月1日(木)
七支刀=6叉鉾はノアが作リ、物部が文字を彫った。

【七支刀 = 6叉鉾 = ロクサノホコは、 日本で作られた】

“七支刀” は、本当は 【6叉鉾】と 呼んでいましたが、後年七支刀と呼ばれるようになりました。
これは曲がり刀と同じで、製鉄をしていても武器を作っているのでないという意味と、6 という数字が大切ということを知らせるためでした。

「それ (七支刀) はノアが作ったのです。
(ビジョンで) 形を見せられ、この形のものを作りなさいと、言葉が聞こえたのです。
それは稲妻をあらわし、また6という数が大切ということを知らせるためでした。
これを持つ事でより (イシカミからの) 教えの言葉が良く聞こえました。
ノアは故郷の国では刀で殺し合いばかりしているのを見てきたので、刀は作らないで木を切る斧を作っていました。
けれども (製鉄をしていると) 刀を作っていると思われたので、戦う刀でない事を知らせるためでもありました」

「七支刀の文字の意味は私が知らせます。
倭の国の王であった物述べ (物部守屋) と呼ばれた者です。
この事を告げることが出来るのを待っていました。
これはなんとしても告げなければ申し訳ないと思っていたのです。
倭の国の (昔の) ものがこれを作ったことがわかるようにしました。
朝鮮から贈られたものではないのです」

http://www.k-pj.com/~fuushi/pwk/pukiwiki.php?%BB%F1%CE%C1-%BC%B7%BB%D9%C5%E1
(七支刀の表裏には金象嵌からなる文字が刻まれています)


表: 秦■四年五月十六日丙午正陽造百錬釦七支刀■辟百兵宜供供侯王■■■■作
裏: 先世以来未有此刀百済王世■奇生聖音故為倭王旨造伝■■世

表: 『高温で熱した鉄を100回叩き、釦が7つとは、6つの枝と柄に挿入する部分(ナカゴ)を本体と溶接して引っ付けるための熱した鉄の固まりのこと。この刀があると兵100人分の力がある』
裏: 『昔から伝えられたこの刀は、他にない力がある。100代の王の用を済ます。まれに生まれる (いて座の) 星の言葉 (=聖音) を聞く者 = 星述べ。
倭の国の王が記録した (作ったのではない)。 後世に述べ伝える』

「この刀に書いてあるように、これを持つ人が星述べをして言葉を聞いていたのです。文字はこの刀を作った人が書いたのではないのです」
 
イシカミ (特に君山の巨人トヨウケなどから) は、農業や生活の知恵などを星述べの者を通して伝えていましたので、文化は飛躍的に伸びたと伝えられています。
当時は星からの言葉を得るために、天文学が発達していたのですが、イシカミより強い支配星の声が強く聞こえるようになって行った為、縄文時代を過ぎると争いばかりの世界になって行ったのです。

【七支刀】 は石上神社の宝となっています。
石上神社は本当は酒船石の傍にあった、と以前訪れた時に伝えられました。
日本書記では、西暦252年に百済王から七支刀が献上されたと書かれていますが、百済が建国されたのは346年で矛盾します。
よって百済から日本に渡ってきたとは言えないと思います。
返って倭の国の言葉の一部を取って、国の名前 (百済) にしたとも思えます。
当時から朝鮮は北斗7星に支配され、7と言う数字を大切にさせました。
仏教こそ朝鮮から押しつけられましたが、日本は独自の文化が発達していて、遅れていたわけではないのです。

* 因みに魏志倭人伝の倭の国 (邪馬台国) とは、中国から見た日本で、北九州の小国と伝えられています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
8/21のソラ ソラにあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる